埼玉県を中心に活動中の空手道場 所沢修道館

トップ > 道場一覧 > 所沢修道館

所沢修道館

支部名 所沢修道館
支部長 海老原 洋
活動場所 埼玉県所沢市北野南2-1-23 TEL. 04-2948-1316
「株式会社ヨウコー」に隣接する常設道場です。
稽古日 木曜日6時30分~9時(一般・壮年部)
活動内容 一般・壮年部では地域の中高年世代の方々を対象とした「生涯スポーツ」としての稽古が行われています。また、空手道を愛好する若手社員にも道場を開放しており「楽しい空手の拠点」として存在しています。更には和道の形を修練する「研究会」を不定期に実施しています。
 アットホームな練習環境でありながら、和道空手の技術の追求を実践してまいります。



 

道場訪問:所沢修道館の秘密に迫る!

所沢修道館は修道館本部の海老原洋理事長が昭和63年に設立した25年の歴史を持つ道場です。
「所沢修道館ってどんなだろう?」修道館理事長直営、設備はバツグン、しかしながらその実態は謎に包まれる所沢修道館をリポートしてまいりました。

2月11日の「空手研究会」には、海老原館長の母校、日大法学部空手部の若手後輩3人組が参加することになりました!現在はNE○空手部のM岡くん(会社では若部長)、YK△のМ澤くん(将来の夢は覇王)、K務員のO田くん(職名は「ごみ係長」)。以上、平均年齢47歳の若手後輩たちです。


所沢修道館道場の外観です。


中に入ると、サンドバック、巻きワラ、鏡、その他試合用品が常備されており、練習するには十分なスペース。本業が内装工事業だけあってとてもきれい。いい環境ですね!
「さあ、いい汗かくぜ!まずはストレッチやー!」と練習モードに入ると児童が参入! 子・曰く「おじさん達のカラテがすごいか、ボクの特技がすごいか、見せたるでー!」


お!みごとなバランス! 所沢修道館恐るべし!子供でもこれほどの使い手がいるとは。 


海老原館長+後輩3名+とび入り参加の2少年にて練習開始です。 
早速基本稽古からじゃあ! よい姿勢!引き手をすばやく!コブシヲニギレ!猛稽古の幕開けです!


やがて時が過ぎ、サンドバックで戯れる少年たちを横目に、館長&若手後輩たちは真剣そのもの 「燃えよ中年!燃やせ体脂肪への道!」
タイトルは「脂肪(シボウ)遊戯」だ!アチョー!


「宣誓!われわれは・・・・・」 ちがいます。ニーセーシーの背刀打ちでございます


一糸乱れぬニーセーシー。難易度の高いパートをきれいに決めました。
さすがは同じ大学の先輩・後輩たち、ここは息が合っています。


最後はクーシャンクーで締めくくって本日の練習は終了です。お疲れさまでした。

この後、広―い館長の自宅に移動して館長のご近所・ご友人の方々を交え、大反省会(懇親会)に移ります。

練習の後の一杯!素敵な館長宅のリビングと奥様方のおいしい料理に会話も弾みます。
まあ、歓談のひとときを要約するとこんな感じになります。

一同「今日もいい汗かいたねー、いい研究会だったなー」
一同「ああ、U和修道館のU田○5段がいてくれたらなあ、色々と教えてくれるのに・・・」
後輩1「彼の支部のHPは面白いよね、規格外だよ」「内D5段って、強いだけじゃなくて面白いよね」
後輩2「いやいや、所沢修道館のHPも負けてないよ! 笑いのツボが違うだけさ」 
後輩3「いやいや、M澤君には誰も勝てないよ!練習中は黙っているけど懇親会になったら・・・・・」
館長のご友人「あのう最強話だけじゃなんですから一発ここで空手を披露してくださいよ!」
館長「O田!お客様のリクエストにお答えできるか!」
後輩3「承知しました」・・・・・着替えて「ワンシュー」の演武、多少バランスを崩すも強制終了
館長「よし太T! 次は俺の番だ!道着だ、俺の道着をもて!」・・・・・・・・・同様に演武終了
後輩1&2「形だけでいいんですか」「板でも探してきます」「俺もやります!」「俺も!」「イテッツ!」
館長のご友人「(爆笑)いやあ、空手って本当にいいもんですねえ~」


こんな感じで楽しい時間が平穏に過ぎてゆきました。

以上、所沢修道館空手研究会レポートでした。

「練習は楽しく、反省会も楽しく」 所沢修道館はアットホームな活動にありながらも和道の道を追及しています。
一同じの次なる課題は2月26日の荒川師範の講習会にチャレンジするという事です。みなさん元気ならば当日講習会場(越谷修道館)でお会いしましょう。