埼玉県を中心に活動中の空手道場 越谷市 越谷修道館

トップ > 道場一覧 > 越谷修道館

越谷修道館

道場名 越谷修道館
支部長 堀切 稔
道場監督 三保田康雄
指導員 岡井勝彦  
小林 勝 
岡田初意 
岩合英昭
科野玄平
杉本隆一
金沢康一
活動場所 越谷市越ヶ谷1700
久伊豆神社内 修道館道場
稽古日 火曜日 土曜日
子供 pm7:00~8:30
大人 pm9:00~10:00

木曜日
大人 pm9:00~10:00

 

第6回彩の国杯埼玉県ジュニア空手道選手権大会で当館選手が活躍

第6回 彩の国杯 埼玉県ジュニア空手道選手権大会
 
場所:上尾市:埼玉県立武道館
日時:平成27年5月9日 、10日
主催:埼玉県空手道連盟

<入賞者>


小学3年生女子 優 勝  小花 美月
小学1年生男子 準優勝  木村 翼佐

組手競技
小学6年生女子 三 位  佐藤 優衣

※小花美月、木村 翼佐、佐藤優衣の3選手は関東大会の出場権を獲得にいたしました。
※小花美月、木村 翼佐の2選手は全国大会の出場権を獲得いたしました。

おめでとうございます。
関少、全少での活躍を期待致します。

 

荒川通先生来館( 特別講習会)

2 / 2 2 (日) 荒川通先生を講師にお招きして特別講習会を開催いたしました。
前回の講習会は昨年の7月。半年ぶりの講習会です。
年に2回、越谷まで足を運んでくれる荒川先生に感謝申し上げます。

講習会の前半は基本、形( ピンアン初段~ 五段、クーシャンクー、セイシャン、 ナイハンチ) を事細かにご指導頂きました。
普段雑になっている形の見直し、動作の再確認等が出来たと思います。
今後の指導に役立ててもらいたいと思います。

後半は昇段審査受講者を対象に基本組手1 本目を個別指導して頂きました。
そして、一週間後の昇段審査に望みました。

参加者

( 講師) 荒川通先生
小林会長、海老原理事長、海老原理事長奥様
( 浦和修道館) 太田先生、内田先生、長谷川先生
( 越谷修道館) 堀切館長、杉本、貴田先生、金沢先生、大駒龍志さん、大駒麗王さん、中村さん、坂本さん、神田幸一さん、金沢さん、佐藤洋子さん、神田真幸さん、神田真緒さん
佐藤優衣さん、鈴木美桜さん、神田祐輔君、杉田憲世君
( K I C K ) 藤原さん、藤原丈士君
( 文教大学) 岡井監督、三村コーチ、豊岡主将、神谷君、吉田君、早瀬君、塚越さん、渡邊さん、宍戸さん

※ 集合写真を撮ってくれた杉田さん、ご協力ありがとうございます。

荒川先生、ご多忙なところ越谷修道館道場にご足労いただきありがとうございました。

講習会終了後は道場近くの寿司屋「浜しん」で荒川先生を交えて、ちょっと遅めの新年会を楽しみました。

b y 杉本

 

荒川通先生 特別講習会

 7月21日(祭)、越谷修道館道場に、荒川通先生を講師にお招きして
特別講習会を開催いたしました。

講習内容は移動基本、形(ピンアン初段~五段、ナイハンチ、クーシャンクー)を
丁寧にご指導頂きました。
3時間という短い講習時間でしたが、事細かに動作1つ1つの説明も頂き、
日頃、雑になってきている基本、形の再確認が出来る、為になる講習会でした。

今後の指導に役立てて行きたいと思っております。

参加者
          小林会長、海老原理事長、海老原理事長奥様
(浦和修道館) 太田先生、内田先生、長谷川先生
(越谷修道館) 堀切館長、三保田先生、岡井先生、岩合先生、杉本、大駒龍志さん
          大駒麗王さん、中村さん、神田(父)さん
          神田(母)さん、神田真緒さん、神田祐輔君、小花一希君、
          小花大輝君
(文教大OB)  三村先生

荒川先生、ご多忙なところ越谷修道館道場にご足労いただきありがとうございました。

講習会の終了後、居酒屋「鳥林友」にて荒川先生を交えて懇親会を楽しみました。

 

 

 

 

 

    

懇親会の様子

杉本


第5回 彩の国杯 埼玉県ジュニア空手道選手権大会

場所:深谷ビッグタートル
日時:平成26年5月31日 、6月1日
主催:埼玉県空手道連盟

入賞者

小学2年生女子 優勝  小花 美月

組手競技

小学5年生男子 準優勝 神田 祐輔
小学5年生女子 三 位  佐藤 優衣
小学3年生男子 四 位  木津 志優
中学生団体   三 位  越谷市立中央中学校
(小花一希、小花大輝、佐藤優真)

※小花美月、神田祐輔、佐藤優衣の3選手と越谷市立中央中学校の1チームは関東大会の出場権を獲得にいたしました。
※小花美月、神田祐輔の2選手は全国大会の出場権を獲得いたしました。

 おめでとうございます。


第30回修道館大会記念パーティー

平成25年10月6日 越谷修道館道場

今大会は第30回記念大会となりました。大会も無事に終了し大会会場から、越谷修道館道場に移動して、招待審判員の先生方をはじめ、修道館役員、大会役員、大会係員、一般の道場生の参加で盛大に開催されました。

小林会長挨拶
パーティー風景

集合写真

本日参加の皆様、これからも修道館にご支援・ご協力をよろしくお願い申し上げます。

事務局より

 

「空手道」を通してつながる応援の輪

越谷市空手道連盟修道館越谷道場  石巻市空手道連盟

場所:宮城県石巻市河北総合センター(ビックバン)
日時:平成24年7月28日

集合写真

挨拶風景
石巻市空手道連盟会長
本木 忠一 先生
挨拶風景
和道会 修道館会長
小林 一朗 先生
合同練習風景   
試合風景  

 越谷市空手道連盟(井橋吉一会長)加盟の全日本空手道連盟和道会修道館越谷道場(堀切 稔館長)は7月28日、東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県石巻市に遠征し、石巻市空手道連盟(本木忠一会長)所属の各道場の小中学生と合同練習を行った。

支援
 きっかけはドイツだった。修道館越谷道場と永年交流のあるドイツ空手道連盟ベッツ事務局長から、震災後間もなく越谷道場に連絡が入った。大変な事が日本で起きたようだが大丈夫か、と心配する国際電話だった。それから直ぐに、ドイツでは空手道を愛好する仲間に義援金を募っているのだと言った。その結果、越谷道場には希望した放射能測定の線量計5台が早々に送られてきた。その他に集まった義援金は直接被災地へ、の強い思いから石巻市空手道連盟に送金された。
 空手のドイツナショナルチームは、2008年11月に日本(日本武道館)で開催された第19回世界空手道選手権大会の為来日し、試合迄の1週間を越谷道場で調整練習し、越谷道場も宿泊・食事・移動等全面的にサポートをした。その結果、大会には選手が皆良いコンディションで臨むことが出来、中でも女子団体組手チームは見事優勝し世界一の座に輝いた。

友情
 昨年12月、石巻市空手道連盟の本木会長(宮城県議)、高橋理事長、木村事務局長の3名が支援のお礼にと越谷修道館に来訪した。この時より被災地石巻と越谷の糸が空手道を通して結ばれた。
 今回、越谷修道館は堀切館長はじめ指導員と選手・父兄、そして修道館本部の小林一朗会長、内田事務局長(浦和修道館)の総勢40名が遠征に参加した。特に、内田事務局長は、7月7日に行われた2013年スポーツマスターズ関東地区空手競技会(群馬)で優勝した現役選手であり、子供達の指導には最適であった。
 練習前、石巻の本木会長は「越谷・ドイツからの支援に対し感謝の気持ちでいっぱいです。」「震災復興に関しては、なかなか進まないけれども私たちは子供達の為に一歩一歩頑張っていく。」と力強く話す。

強い心
 小林会長は、遠征途中見つけた40代女性の力強い詩を紹介し子供達に話した。「楽しいとき、嬉しいときは、大きな声で笑って下さい。騒いで下さい。私たちに遠慮しないで。私たちは恨んだり、妬んだりしません。私たちも直ぐに追いつき、追い越しますから・・・。」「皆さんが一生懸命空手を、勉強を、頑張る。普通に楽しく生きる、これが大事な事。」だと。
 合同練習は、基本の突き、蹴り、移動基本を行い、双方の指導員を相手に組手の打ち込み練習を行った。最後に、石巻と越谷に分かれて試合形式の組手を行った。皆大汗をかきながら3時間の練習があっという間に終わった。小学1年生の鈴木心梅(こうめ)さんは、「石巻の先生に、うまいねとほめられたのがうれしかった。」と話した。又、同行した小林 勝越谷市空手道連盟理事長は「石巻の元気な子供達の姿を見て、勇気をもらいました。空手を通して本当に貴重な体験が出来ました。」と話す。神前に向かい正座黙想をしていると、体育館の窓を爽やかな風が通り過ぎていった。

 

第3回 彩の国杯 埼玉県ジュニア空手道選手権大会

第3回 彩の国杯 埼玉県ジュニア空手道選手権大会

場所:埼玉県立武道館
日時:平成24年5月13日
主催:埼玉県空手道連盟

入賞者
組手競技

小学3年女子    準優勝    佐藤優衣
小学5年男子    準優勝    小花大輝
小学5年男子    三 位   木津思音

※3名の選手は関東大会の出場権を獲得にいたしました。
※佐藤、小花の2名の選手は全国大会の出場権を獲得いたしました。
おめでとうございます。

出場者の成績

組手競技

幼年男女    佐藤柊太  2回戦敗退(ベスト8)
小学1年男子  木津志優  3回戦敗退(ベスト8)
小学2年男子    杉田憲世  2回戦敗退
小学3年男子    神田祐輔  2回戦敗退
小学5年男子    佐藤優真   2回戦敗退
小学3年女子  科野安佳里 2回戦敗退
小学4年女子    小久保春那 3回戦敗退(ベスト8)

形競技

小学3年女子  鈴木美桜  2回戦敗退
小学6年女子  神田真緒  初戦敗退

 

2月26日開催:荒川先生特別講習会の様子

 平成24年2月26日(日)午後3時より、全日本空手道連盟相談役の要職にあらせられます荒川通先生を講師にお招きして特別講習会を開催いたしました。
 当日はご多用にも関わらず越谷修道館道場にご足労いただき、移動基本、形(ナイファンチ、セイシャン)基本組手一本目という内容について、懇切・丁寧にきめ細かくご指導いただきました。
 講習会当日は、修道館小林会長及び理事長、そして越谷道場、所沢道場、浦和道場、文教大学、日大法学部OB会より多数の参加者が集まり、約3時間半に及ぶ講習会となりました。

【集合写真】

平成24年2月26日(日)に行われました荒川通先生による特別講習会の集合写真を掲載いたします。
実は、関係者の方々からリクエストがございましたので、改めて参加者の皆さんをご紹介いたします。
まず前列椅子席中央は、講師の 荒川通先生、左側に越谷修道館小林一朗会長、左側に海老原洋理事長(所沢修道館長)でございます。
写真の配列とは無関係に所属ごとに皆さんをご説明いたします。
このたび会場となりました越谷修道館からは堀切館長と三保田道場監督、そして杉本・金沢両指導員並びに道場生の藤井さん、坂本さん、小花君兄弟、以上の皆さんです。
続きまして、越谷市が誇る有名私立大学で、「北越のワセダ」と呼ばれる「文教大学」の体育会空手部のみなさんです。
文教大学は1966年に創立され、イモトアヤコさん(情報学部卒)等著名人を輩出している総合大学です。
同学の建学の精神は「人間愛」、空手部の合い言葉は「気合い」・・・近年、卒業に近づく程練習が好きになる傾向にあると伺っています。
対する日大法学部空手部OB会からは岩合先輩と若手後輩の三沢君(太田と同期、元主将)が参加しています。48歳までは若手OBと伺っています。
最後になりますが浦和修道館からは内田秀男館長、イケメン伊藤、カメラメン太田、黒髪の美女若山霞(仙台市出身A型、父は日大法学部空手部名物OB)が参加いたしました。浦和修道館は別名「各種講習会参加大好き集団」とも揶揄され、埼空連、全空連、和道会等何処へでも技術の確認にまいります。
受講の心得は「1に確認、2に確認、3で理解、4に実践、5で駄目だしくらって、6で修正、7で勇気を出して講師に質問、8出来るまで反復」だそうで、一般的には5~8で壁に当たるとか。
以上参加者の皆様を紹介いたしました。 「あのひとは誰?」これでそんなモヤモヤは解消できましたね。
それではみなさん、またお会いいたしましょう。以上、越谷修道館から中継いたしました。



【練習のひとコマ】

昇段に挑戦!「燃えるママ、藤井さん」今日は一同を代表して沢山、沢山、沢山ご指導いただきましたね「涙の数だけ強くなれるよ♪」

そしてお隣は「黒髪の美女、若山霞ちゃん」理想のナイファンチに挑戦。「ルックスよりも空手を磨け!」

 

一瞬の気の緩みも許されない基本組手。まさに真剣そのもの。この後は「基本組手一本目」を延々と反復します。

 

次世代を担う小学生アスリートの小花君兄弟。「正しい基本は鬼に金棒、一時が万事!」
大先生との「世代間交流」にやや緊張気味、貴重な体験となりました。

 

文教大学入学と共に空手と出会ったJB(Jは女子、Bは部員)達、「私達にとっての空手?単なる思い出作りや生きがい作りだけでは終わりません。空手道に全てを捧げます!」と力強く宣言。 期待大!

この2人、昇段審査終了後も稽古に専念するのだと言う。彼女達の辞書に「引退」「後悔」の文字はない。

 

「なお、講習会の途中ですがこの場をお借りして文教大学空手道部よりおしらせです。」

この春、空手道部では新入部員の募集を実施いたします。入部された方には後悔のないキャンパスライフをお約束いたします。「修道館のHPを見た」とお気軽に申し出て下さい。

 

セイシャンの第10挙動の解説。重要なポイントです。

※シニア男子の皆さんの画像は美観上割愛いたします。

【練習を終えて】
 普段何気なく行う基本動作のひとつひとつに、正しい使い方があるのだという点を再確認いたしました。参加者一同、新たな発見の連続です。

 ①荒川先生からの指導⇒②実践⇒③ご指摘を受ける⇒④考える・修正を試みる・・このようなサイクルを何度と無く繰り替えしながら貴重な稽古の時間が刻々と過ぎて行く、そのような充実感が道場に漂いました。

 荒川先生!長時間にわたるご指導、誠にありがとうございました。
 そして参加者の皆さん、大変お疲れ様でした。「アフター空手(懇親会)」を存分に楽しんできてください。

 

第3回さいたま市空手道選手権市民大会に参加しました。

平成24年2月5日(日)
於:さいたま市記念総合体育館

越谷修道館杉本先生・KICK戸賀崎先生・偉竜修道館栗山秀樹先生・栗山雅代先生、浦和修道館内田先生、終日の審判お疲れ様でした。

今回は、浦和地区予選を勝ち抜いた修道館勢のみなさんにご参加いただきました。入賞した選手の皆さん。おめでとうございます。また、一歩及ばなかった人もがんばりました。
そして保護者の皆さん、朝早くから夕方まで大変お疲れ様でした。



優勝・準優勝・第三位・第五位 全4種類の賞状が色とりどり!
地区予選3位のさくらちゃん、今回はうれしい優勝!今夜はごちそうかな?
ポーカーフェイスの小花くん兄弟、ベテラン受賞者の貫禄か?
澪ちゃん今年も安定して入賞、お父さんがライバル! 
チントウの君佳ちゃん。和道で「さいたま制覇」を目指そう!
浦和修道館の高橋君・小出君同級生コンビも記念写真に見参!
このふたり写真のたびに顔を変える習性あり。
審判の栗山秀樹先生が一番うれしそう♪次回も審判よろしくね。

みなさん、明るい未来に向かって練習を続けましょうね!(^_^)
では、また次の機会にお会いしましょう。楽しい一日をありがとう。


アクセス地図