埼玉県を中心に活動中の空手道場 浦和 さいたま市緑区 浦和修道館

トップ > 道場一覧 > 浦和修道館

浦和修道館

想い出の3月、卒業・旅立ち(H26.3.29)

みなさんこんにちは
この1年も沢山の出来事がありました。
うれしかった事は沢山の仲間が増えたことでしょう。なおと君、りゅうのすけ君、きくち君兄弟、しょうじ君きょうだいなどなど沢山仲間が増えました。
新たな仲間達と雰囲気良く楽しい空気が道場を明るくしてくれましたと思います。出稽古の藤原くんも掃除の時間は良い兄貴分でいてくれました。
また、練習前と小休止の時の限界を超える朗らかさはここ数年ぶりです。
温厚な内田館長も「おい、ふざけてないで・・・・」小休止の館内に響きます。子供たちと指導者の熱きふれあいが続く日もありました。 道場に新たな活気を与えます。
やがて子どもたちは、楽しむ→けじめ→団体行動→何かを掴む このサイクルを経て成長するのです。
「何かを掴む、とは?」そうですね、人のつながりが絆となり、絆が秩序を生みだす・・・と理想像を描いています。
保護者のみなさま、お子様の微妙な変化をいつしか感じる日が来ると思います。成長への兆しです、ご期待下さい。
相談役からの淡い理想論でした。

3月は巣立ちのシーズンです。
竜之介くんは小学校へ、なお君&ゆめと君は中学へ、出稽古の藤原君は高校へと進学します。おめでとう。
また、浦和修道館OGの高橋美里さんも日本大学を卒業することになりました。併せておめでとう。
想像もつかない新しい未来が君を待っている。 さあ、がんばろう!

3月22日は、和道会関東大会にみんなでチャレンジしました。
渋滞の中駒沢体育館に想い出作りだけに来たわけじゃない! だけど、いい思い出が出来ましたね。
試合って、頑張っても負けてしまうともう次の試合ができません。だから真剣なんですよね。
楽しむ事も大切だけど、厳しい勝負の世界を乗り越える経験も必要です。たとえ負けても無駄じゃない。課題を分析して継続しよう。未来へ歩こう。
先生が新しい試合をマッチメイクしてくるよ、楽しんでいただけそうな試合大会を。
では浦和修道館恒例の記念撮影です。記念写真は明るく!明るく!
なんだ!この緊張感のなさは? 

この後、マコト先輩の入賞祝勝会兼ミサト先輩就職祝い兼を開催しました。
明るい、とにかく明るい。ミサト先輩のこの明るさは規格外だ。内田館長の突っ込みに2秒以内に言葉を返している・・・しかもマシンガントーク・・・ハセガワ先生の明るさが陽ならばこれは・・・でも「プレパラートな私」って何だろう・・・



話を軌道修正しますが、このたび藤原大己くん(KICK所属)は東洋大学牛久高校空手部に進学する事になりました。
修道館からこの空手部には、浦和修道館の高橋美里さん(平成19年4月入学)以来2人目です。
太田現相談役が、かつてお世話になった先生方が指導する茨城県の強豪校で、パワフルなトレーニングと部員の雰囲気の明るさが特徴的なチームです。
「太田よ!いい中学生いないか?」「先輩!いい子いますよ」全てはその会話から始まった訳ですが、3/1に行われましたそして「東洋大学牛久高校空手部卒業生送別会・新入生歓迎会・全国選抜大会壮行会」の写真を紹介します。
この日は、藤原君の他、ご両親、KICK恩師の戸賀崎先生、同校OGの高橋美里さん、そして太田相談役と浦和修道館と交流のある藤平先生が出席しました。
藤原君は、益田先生&中村先生が住むという噂の空手部合宿所に入って全国制覇を目指すことになります。 
暇な時はないだろうけど、もしお暇な時は練習にきてね。



以上、浦和修道館のそれぞれの3月でした。
みなさんも新たな進路、新学期を元気な姿で迎えてください。