埼玉県を中心に活動中の空手道場 文教大学空手道部

トップ > 道場一覧 > 文教大学空手道部

文教大学空手道部

>
支部名 文教大学空手道部
師範 小林 一朗
顧問 坂口 三樹
監督 岡井 勝彦
指導者

堀切 稔
上原 孝
三保田 康雄
瀬川 道博
小林 勝
角屋 亮
三村 純
外川 正広
貴田 穣地

主将 豊岡 賢太
活動場所 文教大学体育館一階サブアリーナ
稽古日 活動時間 水曜日 16時30~19時まで
金曜日 18時~21時
活動内容

私たち文教大学空手道部は体育会のもと部活動として活動しています。
文教大学空手道部は今年で39年の歴史を誇る伝統ある部です。昭和53年に、小林師範のもとで文教大学空手同好会として発足し、今の文教大学空手道部に発展しました。
それ以降小林師範をはじめとする多くの先生、先輩方にお世話になっています。先生、先輩方には普段の大学内での練習だけでなく、越谷修道館の練習に参加したときなど、様々な場面でご指導を頂いています。
 また、礼儀作法の面からもご指導を頂きながら、社会に出て通用するような人間として成長できるように、様々なことを学んでいます。

 現在、男子部員8名、女子部員3名で活動しています。部員は性別を問わず、大学から空手道を始めたという人がほとんどですが、初心者でも黒帯が取れるように週二回の練習に集中して取り組んでいます

2016年 年始挨拶

あけましておめでとうございます。更新が滞っており、申し訳ございません。
現在、文教大学空手道部は11月に39代から40代へと代交代をし、第40代である2年生が主体となって活動しております。第40代は目標として「結果よりも過程を大切にする」を掲げております。日頃の練習に真摯に取り組み、しっかりとした生活態度をとることで結果はおのずとついてくると考え、このような目標を設定致しました。
また、文教大学空手道部は今年で設立40周年を迎えます。このような長い歴史を持つ文教大学空手道部の伝統を大切にし、さらに良い部活に出来るよう邁進してゆきます。
これからもどうぞよろしくお願い致します。

以前の情報(~2015年)

長い間更新が止まってしまってご心配おかけしました。以前はまだ道着も持っていなかった三年生ですが、今現在は黒帯を無事に所得して、さらには最上学年として部を引っ張る立場となりました。
九月になり、新しく一年生が入部しました!夏が過ぎ、新しいメンバーも加わったので、これまでより一層盛り上がって活動しております。
十月には二つの大会、十月後半から十一月頭にかけては文教大学の学園祭である「藍蓼祭」
もあります。部員一同精一杯取り組みますので応援していただけると幸いです。また、藍蓼祭では例年と同じく焼きそばの販売を予定しております。ぜひお立ち寄りください。(早瀬)

今後の予定
十月     越谷市空手道選手権大会
修道館空手道全国選手権大会
十一月 藍蓼祭

【第37代 空手道部 部員】

【第35代 空手道部 部員】