埼玉県を中心に活動中の空手道場 日本大学法学部空手道部

トップ > 道場一覧 > 日本大学法学部空手道部

日本大学法学部空手道部

顧問 斉藤史範(日本大学准教授)
指導者
中村平八総監督
太田伸監督
刑部雅貴コーチ
増山順一コーチ
主将 辻田大地
活動場所 日本大学経済学部本館七階体育館
稽古日 曜日、時間
月・水・金曜日、19時半より (学校の通常期間のみ)
活動内容 私たちは日本大学法学部の公認サークルとして空手道に励んでおります。
練習では基本はもちろんのこと、形・組手ともに大会を意識した練習を行っています。
昭和48年創部と古い歴史を持ち、日本大学関係者の方々やOB・OGの先輩方とも交流が深く、日頃から空手の御指導を賜るほか、様々な事を学ばせて頂いております。いつでも見学可能なので、興味を持たれた方は是非一度お越しください。

2016年度 夏合宿【平成28年8月11日~15日】

詳しくはこちらをご覧ください

 

全日本二部学生空手道連盟個人戦【平成28年7月3日】

詳しくはこちらをご覧ください

 

新入生歓迎会【平成28年6月4日】

平成28年6月4日(土)に本空手道部の新入生歓迎会が日本海庄屋水道橋店にて盛大に行われました。

今年度は、なんとなんと16名もの新入生が入部してくれました!
日本大学へ入学おめでとう!そして空手部へようこそ!!

「4年間続けたら必ず得るものがある。」一昨年卒業された武田先輩の言葉に尽きます。

それでは、会の写真



多くのOB先輩方がいらっしゃって世代間交流を深めました。


1年生がたくさん入ってくれて総務の中西もノリノリです(笑)

歓迎会は終了しましたが、これからも本空手部に興味がある学生の入部は大歓迎!
月・水・金の19:30~21:00日本大学経済学部本館、7階体育館にて練習しております。

現在は7月3日の個人大会に向けて、梅雨も吹っ飛ばすような熱い練習をしています!!
新入生ももちろんですが、OBの先輩方も是非遊びに来てください。(笑)

以上をもちまして、28年度新入生歓迎会のご報告とさせていただきます。

 

平成27年度日本大学二部空手道部追い出しコンパ【平成28年2月7日】

平成28年3月20日(日)に日本大学法学部空手道部納会が日本海庄屋水道橋店にて盛大に行われました。

 今年度は、塩井孝基(主将)、風間翔平(副将)、尾山和大(総務)、豊岡広基の4名の先輩方が卒業されます。

チームをまとめ、団体戦2連覇を成し遂げてくださった先輩方です。なんと、主将の塩井先輩は、個人戦3連覇により学部長賞で表彰される予定です。
また、先輩方は、その人柄から、部員数のアップにも貢献してくださいました。
現在、30名近いメンバーと活気ある練習が行えるのも先輩たちのおかげですね。

 

本当に、本当に、ありがとうございました!!!!!

 

では、会の写真です。

3年中西は、新総務になって初仕事。
太田監督や元総務の尾山先輩の力を借りて、なんとか司会進行をつとめていました。次回はもっとスムーズにね(笑)


4年生一人一人から、最後の挨拶。
先輩方全員、就職もしっかり決めて、4月から社会人の仲間入りです。


福島先輩からの歌のプレゼントもありました。
ウクレレの音色で、南国の雰囲気に包まれました。今年の夏合宿はハワイかな、、(笑)


後輩からも、想いのこもったアルバムと、名前入りのお箸が贈呈されました。


私のアルバム作成も今年でラストでした。お疲れ様自分!!

 

その後は、「日大校歌」が新副将の先導により全員で歌われ、世代間交流を深め、平成27年度追い出しコンパが終了しました。当日は、お忙しい中多数のOBの先輩方にお越し頂き、誠に有難うございました。

最近の行事の中で一番出席率の高い行事であったような気がします。次世代もOBの先輩方から愛される、また、結果の残せる代になろう!

 

以上をもちまして、平成27年度日本大学二部・法学部・経済空手道部追い出しコンパのご報告とさせていただきます。

 

【番外編】2次会も盛り上がりました~~

二年、久住呂と


1年メンバーと(1年はソフトドリンクです。笑)


4年の先輩も後半合流されました!
左から4年豊岡先輩、3年神林

 

さいたま市大会【平成28年2月7日】

平成28年2月7日(日) さいたま市大会がさいたま市記念総合体育館にて開催されました。
本学からは、男子12名 女子2名の出場!
今年度では1年生のデビュー戦となりました。

さて、大会結果です。

〈組手の部〉
男子組手準決勝 塩井(法4年)3-3平原(日体大)判定負  第3位
男子組手準決勝 久住呂(経2年)3-4大塚(川崎電気)   第3位
女子組手決勝  瀬戸(経3年)3-0斉藤(長崎道場)    優勝

〈形の部〉
女子形決勝   崎枝(経2年)5-0早川(駒大)      優勝
男子形決勝   久住呂(経2年)2-3金田(伊奈学園教)  準優勝

※大会結果は、2月12日(予定)スポーツニッポン、2月17日埼玉新聞に掲載されます。

試合前、柔軟するメンバー。1年生はドキドキです。

OBの先輩も応援に駆けつけてくだしました。

1年生(藤永、新井、金田)のやり切った笑顔。4年の風間先輩と

決勝戦前の緊張感と熱気につつまれる会場。太田監督の躍動感あふれる審判姿

決勝戦前!!!真ん中、瀬戸選手。みんなで応援です。

集合写真

今年度の大会はこちらの大会で最終でした。
4年の先輩方と出場できるのも最後でしたね。先輩の勇姿をしかと目に焼き付けて、来春の個人戦に向けて精進して参りましょう。

以上にて、大会報告とします。

 

平成27年度日本大学法学部空手道部納会

 こんにちは。この度、空手部広報担当となりました和田裕美子です。
今後のHP更新をつとめさせて頂きます。

 平成27年12月12日(土)に日本大学法学部空手道部納会が日本海庄屋水道橋店において盛大に行われました。

 今年度は、団体戦での2連覇や塩井キャプテンの個人戦3連覇など、嬉しい報告が多く、たくさんのOBの先輩方にもお越しいただき、終始活気のある納会となりました。

合わせて太田監督より、来年度の新幹部が発表されました。以下幹部を紹介します。

〈平成27年度新幹部〉
主将 辻田大地
副将 中村駿介
総務 中西大貴
会計 瀬戸愛美
幹事 神林勇志
会計補佐兼広報 和田裕美子

幹部が6名となり、役割も細分化され、さらに法学部空手道部に新しい風を起こせるのではないかと確信しております。

一致団結の全員空手で勝利を掴んでいきましょう!!!!

 その後は「日大校歌」を新副主将中村の先導により全員で歌われ、世代間交流を深め、一本締めをもって平成27年最後の行事である納会が終了しました。
 当日はお忙しい中多数のOBの先輩方にお越しいただき誠にありがとうございました。今後もご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

  以上をもちまして平成27年度日本大学法学部空手道部納会の報告とさせていただきます。
今回は写真が少なくてすみません、、以後部員たちの生き生きとした様子をたくさんアップしていきます。


幹事に任命された神林勇志と3年の酒豪、頼れる和田ゆき


塩井キャプテンの一本締め!!!


4年の先輩方、4人の和気藹々なショット。いい写真撮れました~

 

全日本二部学生空手道選手権大会 日本大学二連覇達成!
【平成27年10月25日(日):東洋大学体育館】

第50回平成27年10月25日(日)二部学生空手道選手権大会記念大会が、東洋大学体育館で開催され、本学が男子団体組手において二連覇を達成しました。
決勝では、難敵明治大学を3-2で退け、通算三度目の優勝となりました。
優勝は、並大抵のことでは成し遂げられません。決して平坦な道ではありませんでしたが、我慢の空手で栄冠を手中に収めました。
おめでとう!!



OB 現役部員そろって集合写真です。
本学法学部・二部空手部には、約半世紀の歴史がありますが、団体優勝は今回を含めて3回目です。
この大会に標準を合わせ、稽古では指導者とプレーヤーは一切の妥協を許さず、「強く 速く 外連味のない」空手を目指してきました。
道場に血と涙も流れた日もありました。  部員の集まりが悪いとOBに苦言をくらった日もありました。(これは昔から)
しかしながら、結果が出るということが、勝利というものが、こんなに尊いものだと実感できた一日だったのではないでしょうか。
「楽しいだけでは勝てない」「厳しいだけでもまとまらない」 そんな試行錯誤の中で勝ち取った貴重な栄冠です。塩井主将中心に頑張りました。

<男子戦績>
予選リーグ3戦全勝
準決勝 対中央大5-0 
決勝  対明治大3-2

<女子戦績>
女子団体戦は、健闘の結果3位でした。 
最後の試合で勝利した時、みんなが一つとなる笑顔が忘れられません。日大女子は・・・美しい集団だなと(笑)
この美しい集団が「軍団」に変化してくれないかなとの思いで、来年は日大伝統の鍛錬をと・・・・密かな計画が練られることでしょう 「階段お嫌いですか?」的な
一番大切なことは、「心をひとつにして戦う」ことなんです。だから見込みあり。です。
来年こそは、ひときわ格別な勝利の美酒を味わって卒業してほしいものです。

<決勝アルバム>

「優勝カップって、お酒飲むためのもの、だから杯っていうのね。」たまたま同じお店にいたライバル校のOBさんが教えてくれました。
おまけに、ビールの差し入れという心温まるご配慮までありました。なんと微笑ましい。

我々といいますと、勝利しても喜びを爆発させようにも騒ぎなれていない。そんな奥ゆかしさというか朴訥さが我が校の良さでもあるのでしょう。
勝っておごらず。負けて腐らずです。 

ライバル校が打倒日大を目標にしのぎを削って来るでしょう。 一年は早い。 
誰でもレギュラーのチャンスがある。誰でも強くなる権利がある。空手は、練習した分だけ自分に返ってくる そういう格闘技。
部員の皆さん。自分の為に、チームの為に、全員空手で頑張ってください。
顧問の斉藤先生 ご多用の中でのご来場誠にありがとうございました。


平成27年度夏合宿を終えました。
【平成27年8月13日~16日:群馬県鬼石観光ホテル 】

上記日程で、恒例の夏合宿が開催されました。
現役学生23名の他、OB会からも数多くの先輩方にご参加いただきました。

<合宿生活は?> <合宿生活は?>
みんな大好き早朝マラソン→午前9時から夕方6時まで稽古→宿舎生活 <練習は?>10キロ先の公設体育館を貸切り、午前9時から夕方6時まで休憩をはさみ、全日ひたすら稽古。

<どんな練習?>
中村総監督の指揮をベースとして、後半の日程は監督・刑部コーチが指導を分担し、練習にアクセントがつきました。

<昇級審査は?>
有段者以外が受審、1年生もがんばりました。 形は結構大切なんですね。

<宿舎生活では?>
歴史あるレトロな温泉施設で体を癒し、あとは寝るだけ・。 誰もがそう思うでしょう。ところが・・・ ミーティングには、斉藤先生による特別講話の日もありました。  空手部は、体だけ使えばいいというものではく、頭も使うものなんですね。

<最後に>
伝統ある日大夏合宿、日大の伝統に新しい文化が融合した実りある合宿だったと思います。
厳しい稽古を乗り越え、その後の充足感というものは、経験した人にしか知りえないものです。
「継続が力になる」やがてその意味を実感できるのではないでしょうか。
就活を控える人、想像しないような騒がしい未来が君を待っていると思いますが、空手部の合宿は無駄な経験ではありません。

おっと、あまりにも先の話をしてしまいました。 まずは、秋の団体戦で力を発揮してほしいものです。
日々の稽古が大切です。9月18日から大学の練習が再開されますので、全員空手で頑張りましょう。 【S62年度卒:現ヘッドコーチ太田より】

 

本学史上初! 個人戦3種目制覇
平成27年7月5日 於:東洋大学体育館

平成27年7月5日 全日本二部学生空手道選手権大会個人戦が行われました。
まずは大会成績一覧です

【男子組手】
優 勝 塩井 孝基  決勝6-0 本(明大) 準決勝4-3 麻田(中央大) 準々決勝4-2久住路(本学)
寸評:激戦区のAコートを制して決勝進出。決勝は相手を1度だけ間合いに入れた、その後は気迫で圧勝。「3連覇達成」

第5位 久住路光彦 準々決勝2-4塩井(本学)
寸評:形の貴公子だが、組手もできる。準々決勝は塩井先輩に善戦したが、修道館大会の時の組手が出なかった。

【女子組手】
優 勝 瀬戸 愛美 決勝3-2 五十嵐(明大) 準決勝6-0福原(早大) 準々決勝 6-0堀内(明大)
寸評: 前蹴り・追い突き、といった伝統的な技で日大空手を貫いた。 うれしい初優勝? 攻撃空手はまだまだ進化中!

【男子形】
準優勝 久住路光彦  決勝2-3 丸山(東洋大)
寸評:近年男子形試合はレベルが高く(顔も技も)決勝は惜敗、2年連続決勝敗退だが、来年は形・組手の2冠を十分狙える。

【女子形】
優 勝 崎枝アンリ 決勝5-0  五十嵐(明大)
寸評:トークは朴訥だが、演武時の風貌とオーラはすごい。本場沖縄の貫録を見せつけました!石垣島出身の20歳 初優勝?

【出場選手】
男子組手:風間選手 尾山選手 辻田選手 中西選手 中村選手 後藤選手 加納選手
女子組手:和田選手 大崎選手

【総監督采配の秘密】
流石は日大の名将です。鋭い戦術眼で素早く選手に伝令 ⇒ たちまち選手が躍動、試合が動く!
(※その内容は企業秘密です。誰が見ているかわかりませんので)

【塩井主将のコメント】
「はい、うれしいです・・・・・ありがとうございました。次は秋の団体もアベック優勝したいです」と・・・ アベックの新たな形 目指してください。
※塩井主将は多くは語らず、常に冷静沈着 自分を信じ、まず、取り乱すことがない。
祝勝会においても、「日本大学を選んで良かった」と静かに語ってくれました。

【さてさて、祝勝会にて!】
場所は、祝勝会です。先輩たちがもらったトロフィーをずらりならべて、乾杯です。
正直申して、本学は二部学連の伝統校でありながら、大会プログラムの歴代優勝者記載数は多くありません。
これからは、後輩たちに新たな伝統を築き上げて欲しいものです。
日本大学のスクールカラーは桜色のピンクです。この日は、ピンク色の血が流れるOB先輩が多数訪れました。
上は、65歳から下は未成年と、ちょっとした世代間交流です。日大校歌を斉唱し、審判部会の池山先輩の3本締めで締めくくりました。
我々は、騒ぐことに不慣れな校風なのか、品行方正な祝勝会に終始してしまいました。



<最後に>
この日は、顧問の斎藤先生はじめ、福島相談役、中村総監督、コーチ陣、OB先輩にお越しいただきまして誠に、ありがとうございました。
そして、主役である選手諸君につきましては、大変お疲れ様でした。 頑張った人、頑張りきれなかった人、悔しかった人、それぞれだったかと思います。
競技である以上、勝ち負けという結果がでます。
後悔は、してもいいんだと思います。
「あの時、もっと練習をしておけば・・・ダッシュの1本も多く走っていれば・・・」そう思う方が自然です。
今後、同じ後悔を繰り返さないためには・・・・自分で答えを出すしかありませんよね。

 私も含めて、OB達は、決して華やかな空手経歴ばかりを歩んできた訳ではありません。
しかし、たとえ蹴られて痛くても、外連味なく対戦相手に立ち向かう。強い相手にも下がらず、得意技を仕掛ける。 納得いかない展開でもフェアプレーで切り抜ける。
そのフェアプレー精神を大切にして来ましたし、正々堂々と勝負してきました。それが本学の誇りであり、スタイルだと思います。
そのためには、日々の鍛錬が欠かせません。 今日の大会では、それを皆さんに伝えたかった。

 これから空手シーズン真っ盛りです。夏合宿に向けて頑張って下さい。
ヘッドコーチ 太田 伸(昭和62年度卒)

 

【日本大学法学部空手道部卒業生送別会】
春の日差しが心地よくなってまいりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
今年もけがや病気に気をつけて充実した一年にしていきましょう。

さて、平成27年3月21日(土)、日本大学法学部空手道部卒業生送別会が庄屋新宅店にて盛大に行われました。
多くのOB先輩方におきましては、お足運びいただき誠にありがとうございました。
本年度の卒業生は1名。無事に就活を終えましたが、仕事始めが9月からということで、また練習に顔を出して頂ければと…部員一同お待ちしておりますね(笑)

さて、当日の様子ですが、めでたい席ということもありまして、皆さん終始笑顔が絶えることがなく行われました。途中、後輩たちからのプレゼントとして、思いの詰まったメッセージカードや花束の贈呈があり、会はとても盛り上がりました。

その後、卒業生からの一言で涙ぐんでいる姿を見て、私も目頭が熱くなり、感動がこみあげました。最後は参加者で日大校歌を歌い、3本締めをもって閉会となりました。 

お別れは寂しいですが、これから新生活を迎える卒業生のご活躍を部員一同願っております。

 

【第49回全日本二部学生空手道選手権大会】
近頃急に冷え込んできましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
現役部員達は今日も寒さに負けず、空手着に袖を通しています。

さて、平成26年10月26日(日)、明治大学駿河台キャンパスにて全日本二部学生空手道選手権大会・団体戦が開催されました。
4年生には最後の試合になります。

唯一の4年生であり女子主将には惜しい試合となり、女子団体は3位に終わりました。

ですが、男子団体はなんと13年振りの優勝を果たしました!

春の個人戦形試合で2位に入賞した久住呂? 光彦君(1年)や今年から入部した長崎日大出身の辻田? 大地君(2年)が3年の先輩達をしっかり支えてくれました。
春の個人戦二連覇中の主将、塩井? 孝基君(3年)も安定した試合をして頼もしかったですね。さすが、背中で語る男は違います。これからも、みんなが憧れる綺麗な空手をしていって欲しいものです。

修道館大会で結果を残すことが出来た部員も多く、日々の練習と1人1人の努力の成果であり、またOB先輩方の熱いご指導のおかげだと思います。本当におめでとう。

試合後の打ち合げでは、次こそは自分が団体戦のメンバーに選ばれる!今選ばれている部員には負けない!と今回はメンバーになれなかった部員が闘志を燃やしていました。

勝って兜の緒を締めよと言いますが、本当に油断しているとあっという間に抜かされちゃうかも…
みんな油断出来ませんね。今まで以上にしっかり練習に励まないと(笑)

次は目指せ二連覇!

 

【第31回修道館空手道全国選手権大会】
 平成26年10月5日(日)に越谷市立第一体育館で第31回修道館空手道全国選手権大会が開催されました。本学からは男子12名、女子3名と今年度では一年生は初めての参加となる大会でした。
 当日は台風18号の接近により、大雨、強風に見舞われましたが、交通状況の目立った麻痺もなく、無事に全員試合に出場することが出来ました。

さて大会結果ですが

一般男子有級組手 準優勝:中西大樹(2年)
第3位:重岡尚秀(2年)・後藤真吾(1年)
敢闘賞:豊岡広基(3年)・中野暁斗(2年)・神林勇志(2年)・加納雄飛(1年)

一般男子有段組手 第3位:久住呂光彦(1年)

一般男子団体組手 優勝
先鋒:風間翔平(3年) 中堅:久住呂光彦(1年) 大将:辻田大地(2年)

以上が大会結果となります。

個人戦および団体戦では、それぞれが日々の練習の成果を発揮しようと気合の入った組手を見せてくれました。そして、団体戦では実に30年ぶりに優勝することができました。

また、10月末には大学対抗の団体戦も行われます。この大会で明らかになった課題や反省点は、団体戦優勝というチームの目標を達成するための重要なカギとなるので、日々の稽古でもその克服に力を入れ優勝を掴み取ります!!


※同日に茨城県水戸市にて行われた茨城県大会に、本学から塩井孝基(3年)と尾山和大(3年)が一般男子組手Bで出場をし、塩井君は優勝、尾山君は準優勝という見事な結果を収めました。合わせて報告をさせていただきます。

 

【全日本二部学生選手権大会個人戦男子個人組手の部で塩井孝基君(浦和実業学園出身)が優勝】

 今年から主将となった塩井君は去年に続いて2連覇です!デイリースポーツ社より記念杯をいただきました。
このたびはおめでとうございます。母校浦和実業の教育実習に弾みをつけたね
ただでさえ大きくて目立ちます。練習にいないとすぐわかります(笑)これからは他校からのマークは益々厳しくなるでしょうが、しっかり練習して3連覇を目指してほしいものです。
また、新たな話題もありました。男子形の部では新戦力の1年生、久住呂光彦君(秀明八千代高出身)が準優勝しました。渡部駿太郎前主将以来の入賞で、「形の日大」到来か?
ルックスはジャニーズ系の長身イケメン。彼が繰り出すスピーディーでブレのないセーパイ&クルルンファーの指定形は見事です。あとは体幹を鍛えればというところでしょうか。頑張って欲しいものです。
決勝では前回優勝の片桐選手(早大)と、互いに剛柔流系の形を打ち、非常にハイレベルな戦いでしたが、惜敗でした。来年は優勝を狙ってほしいものです。
女子の部は、蹴りの達人武田絵里子女子主将が、中断蹴りを連発したが入賞ならず。(高いところ蹴ろう)
2年女子アイドル系の皆さんは、形で3名が初戦突破しました。初戦が慈恩で次セーパイとか色々やってくれましたが、形は思い出作りで終了。
組手においては成長著しい瀬戸愛美君が準々決勝で相手(結果優勝)が嫌がるほどの攻撃空手で健闘しました。
惜しくも5位で終了しましたが、残り30秒は日大が目指す素晴らしい反撃を見せてくれました。次回は開始からあの怒涛の攻撃を見せてほしいものです。
男子個人組手は、尾山和大君、敢闘賞おめでとう。転ばなければカッコ良かったよ。
重岡君・豊岡君初戦突破おめでとう。エンジンは初めからかけようね。その他デビュー戦の皆さん頑張りました。
本日のことば 日テレのドラマじゃないけど 「初心者でも勝てます!(練習してれば)」

 最後のコメントになりますが、優勝者以外は敗者です(涙)これはトーナメント戦である以上仕方ありません。
 いかに普段の力を出すか、最後の一秒まであきらめずに立ち向かうか、2分間を通して全力を出したか・・・
 そこに意義があります。この気持ちがあれば次につながります。そこを大切にして下さい。
 次の目標は秋の団体戦です。秋の団体戦は平成23年以来3年連続の第4位で、しかも去年は男女アベック4位という珍記録を作ってみました。この結果をどうとらえるか考え方は様々ですが、部員の皆さん、やるべきことを頑張りましよう。
 我が国で重んじられることばは「継続は力なり」ですよね。 言うは易し、横山やすし・・・・
 最後になりますが、顧問の斉藤史範先生およびOB会長・中村総監督はじめ諸先輩方につきましては、朝早くからどうもありがとうございました。

 部員の皆さん。 明日も7:30になったら練習ですよ~ 夏合も頑張って下さいねー

現ヘッドコーチ 62年卒 太田 伸


【日本大学法学部空手道部卒業生送別会】
平成26年3月2日(日)、庄屋 新宅店にて日本大学法学部空手道部卒業生送別会が盛大に行われました。
当日はお足元の悪い中、たくさんのOB先輩方にお越し頂き、ありがとうございました。
本年度の卒業生は3名。就活も無事に終わり、OB先輩方に心配されていた卒業単位もバッチリ取得し、あいにくの天気でしたが晴れやかな表情でこの日を迎えていました。
気になる送別会の様子ですが、世代間を超えて和気あいあいと行われました。
卒業生全員からOB先輩方への感謝の言葉と、現役生への熱い励ましの言葉が贈られました。その後、現役生からたくさんの思い出と先輩方へのメッセージがぎっしり詰まった豪華な色紙と記念品が贈られました。気に入っていただけたでしょうか?今回の色紙は1年生のメンバーが中心となって一生懸命、心を込めて作ってくれました。
さらにサプライズで、卒業生からも赤と青のミットセットが現役生に贈られました。部員が増え、ミット不足だったのでとても助かります。先輩から贈られたピカピカのミットでこれからは蹴りの練習がはかどりそうですね。
寒い中多くのOB先輩方にお越しいただき、たくさんのお祝いのお言葉をいただきました。最後は参加者全員で日大校歌を歌い、一本締めをもって卒業生送別会は閉会となりました。
次は新入生歓迎会です。来年度もたくさんの仲間がこの空手部に迎え入れたいと思います。

 

【第5回さいたま市空手道選手権大会結果】
平成26年2月2日(日)にさいたま市記念総合体育館において第5回さいたま市空手道選手権大会が開催されました。大会の結果は以下の通りです。

一般男子 形  準優勝  渡部駿太郎(4年)
一般男子 組手 準優勝  尾山和大(2年)
           5位入賞 渡部駿太郎(4年)
一般女子 組手 3位入賞 瀬戸愛美(1年)

テスト期間直後ということもあり、なかなか練習場所、練習時間がとれない中での試合となりましたが、十分に実力を発揮できたと思います。
去年入部した初心者の1年生も、今では試合で勝利を収めるまでになりました。

また3月2日(日)には卒業生送別会も予定されております。
OB先輩方、関係者の皆様の参加を心よりお待ちしております。

【平成25年度日本大学法学部空手道部納会】
平成25年12月21日(土)に日本大学法学部空手道部納会が庄屋新宅店において盛大に行われました。

納会の様子ですが、現役部員一人一人から1年間の活動を通した反省と来年度に向けた抱負をそれぞれ自分の言葉で壮大に発表しました。さらに当日は多くのOBの先輩方にお越しいただき貴重なお言葉を頂戴しました。

合わせて太田監督より来年度の新幹部が発表されました。以下新幹部を紹介します。
〈平成26年度新幹部〉
主将 塩井孝基
副将 風間翔平
総務兼女子主将 武田絵里子

発表の後、新幹部からそれぞれ決意表明が行われ、来年度の目標として「団体戦男女アベック優勝」が新主将の塩井より発表されました。この目標に向かって新幹部中心にチーム一丸となって今後の練習に取り組んでほしいと思います。

その後は「日大校歌」を新副将風間の先導により全員で歌われ、世代間交流を深め、一本締めをもって平成25年度最後の行事である納会が終了しました。
当日はお忙しい中多数のOBの先輩方にお越しいただき誠にありがとうございました。

以上をもちまして平成25年度日本大学法学部空手道部納会の報告とさせていただきます。

 

【第30回修道館空手道全国選手権大会】
平成25年10月6日(日)に越谷市立第一体育館において第30回修道館空手道全国選手権大会が開催されました。本学からは男子12名、女子5名と今年度の参加人数の中では最多となる大会でした。

さて大会結果ですが

一般男子有級組手 準優勝:中村駿介(1年)
敢闘賞:豊岡広基(2年)・中野暁斗(1年)

一般高校女子組手 第3位:瀬戸愛美(1年)

一般男子有段組手 第3位:渡部駿太郎(4年)
敢闘賞:川口祐喜(4年)・尾山和大(2年)

以上が大会結果となります。

この大会は我々空手部の大学から空手を始めた新入生にとって最初の組手のデビュー戦でもあることから試合に臨む新入生からは緊張感が漂っていたように感じました。この試合での経験は今後の練習にも必ず活きてくると思います。

また、10月末には大学対抗の団体戦も行われます。この大会で明らかになった課題や反省点は団体戦優勝というチームの目標を達成するための重要なカギとなるので、日々の稽古でもその克服に力を入れ優勝を掴み取ります!!

 
※同日に茨城県水戸市にて行われた茨城県大会に本学から塩井孝基(2年)が出場しましたが、初戦敗退という結果でした。合わせて報告をさせていただきます。

 

【新入生歓迎会が行われました】
平成25年7月6日 千代田区西神田大手居酒屋チェーン店において新入生歓迎会が盛大に行われました。
日本大学入学おめでとう!そしてこの空手部へようこそ!
私たちは、「前に出る積極性」「全員空手」「フェアプレイ精神」をモットーとする品行方正なクラブです。
近年は「就活」にも絶大の強さを発揮しています。理由は何でしょう? 答えは卒業までいればわかります。
冗談はさておき、今年は男子8名女子4名の計12名(加えて去年のお新入生歓迎会後に入部した2年生)が入部しました。
歓迎会の様子ですが、幅広い年代のOBの先輩方にも参加いただき、それはもう盛大に行われました。
現役の自己紹介では、夢のある言葉が壮大に語られました。そして各年代の(親子以上の年の差もある)OB先輩たちもお見えになり、貴重なお言葉が贈られました。
日本大学のスクールカラーは桜色の「ピンク」。体中にピンクの血が流れるOB先輩の熱きトークに新入部員たちも真剣に聞き入りました。(就活のコツは聞けたかな?)
さて、新入部員の活動状況に目をむけますと、男子は先週の全日本二部学生個人戦に優勝した塩井君を中心に纏まりを見せ、真面目に取り組んでいます。キックミットを蹴る音も響きが良くなってきました。 
4人の新人女子は全員が先日の女子個人戦を戦い、健闘ぶりを随所に発揮してくれました。
彼女らは異口同音に「トレーニングで力をつける!」「技を磨いて次は勝つ!」「総監督に鍛えてほしい」と、しおらしい風貌にたがわず力強い言葉が聞かれました。 
限りある時間の中で、先輩達と後輩達は、大いに語り、おおいに飲み(未成年はソフトドリンク)、食べ、そして「日大校歌」、歴史ある「日大節」を通じて貴重な世代間交流を深めました。
当日はご多用にもかかわらず沢山のOB先輩にお越しいただき誠にありがとうございました。

以上、新入生歓迎会の様子を実況いたしました。
それでは現役部員のみなさん、これから試合シーズンまっただ中です、日々の稽古と夏合宿で力をつけよう。
そして全員空手でがんばろう。

【全日本二部学生空手道選手権大会(個人戦)】
平成25年6月30日 東洋大学白山校舎体育館において標記大会が行われました。
本学からは男子3名 女子5人が個人組手試合にエントリーし、男子個人組手試合において2年生の塩井孝基君
(浦和実業学園出身)が優勝し、デイリースポーツ新聞社より記念杯が贈呈されました。
塩井君は空手部入部後、日々の稽古でめきめきと力をつけ、この日全6試合を危なげなく勝ち抜きました。
本学勢では10年ぶり歴代3人目の優勝者となります。おめでとう!
ところで塩井君、優しい武田絵里子先輩が祝勝会場までトロフィー一式持ってきてくれたね。感謝しないと。(涙)
これからもビッグタイトルを目指して頑張って欲しいものです。
副将の大橋君は2回戦目で善戦するも勝利ならず。しかしまだ4か月ある。目指せ!就活成功と団体戦勝利。
また、女子個人組手においては、新戦力を含めた5名が随所に積極的な姿勢を発揮してくれました。
ベスト8に和田君、瀬戸君が入りました。女子は健闘しました。次に繋がると思います。
なお、形試合に強い渡部主将(優勝2回)と川口君が所要によりエントリーできなかったのが残念ですが、お2人の就活の成功を祈ります。それでは秋の団体戦(男・女)に期待しています。
みなさんにとって今大会は何かと参考になったはず。 夏合宿で頑張りましょう。秋の団体戦は頑張るぞう!

【平成24年度 空手道部報告】
日大法学部他日本大学関係者の皆様、久々の更新です。
平成24年度も色々な出来事がありました。

まず新入生歓迎会、 新戦力&女子力のアップに期待。 
「茨城県南大会」へ見参! 中村総監督のバイタルエリアで力試しだ!
「全日本Ⅱ部学生個人戦」参加 、形の貴公子渡部君三連覇ならず、惜しい! 
夏合宿で充実のトレーニング、 仲間達とのふれあい 解放感あふれるバーベキュー大会
「学生団体戦秋の陣」 就活で主将を欠き、中堅を出血多量で欠きながらも全員空手で4強進出、これが日大の底力!  日大病院様お世話になりました。  来年は優勝だ!
品行方正な納会及び幹部交代、  新副将大橋君がOBの上田先輩に間違えられる事件が
三浦先輩の内定発表! 桜志会館⇒消防署 (すばらしい道程) 総監督の後継者として頑張ってくださいね。
試験中の2月には太田先輩の地元、「さいたま市大会」  入賞者多数! けが人なし 記念写真あり

3月には4年生の送別会です。 3人とも就活成功! 「就活の日大」へ
関係者の皆様、3月9日7時より庄屋新宅店でお待ちしております。お得なコースでおもてなし

最後になりますが、何といっても日々の稽古が大切です。そしてチームワークです。
自分を信じ仲間を信じ、たまにOBが語る昔話にも・・・・やがて若者たちは成長する。
部員のみなさん、このクラブで今を頑張って力をつけていこう。 そして君のゆく道を歩もう。
これから春休みに入りますが、OB先輩の道場にはいつでもお気軽にお越しください。

 

【平成24年度夏合宿の模様】
福島県猪苗代町で4泊5日の夏合宿を行いました。1年生~4年生までの部員が、中村総監督・太田監督のもと、楽しさを超えた「充実しすぎる」トレーニングメニューをこなしました。
その楽しい練習風景のひとコマを紹介します。

夏合宿のひとコマ:準備体操(嵐の前触れ)

鍛練その①交差跳び

鍛練その②立ち幅跳び

鍛練の基本腕立て(総監督の見本に驚愕)

女子部員も負けていません

定番の腹筋です

全メニュー終了!記念写真は明るく!!

本当は、ベーベキュー大会、神社へのハイキングなど楽しい時間も多々あったのですが、何故かトレーニング風景だけの写真になってしまいました。(太田監督撮影)
厳しいながらも離脱者・けが人なく無事終了です。 秋の大会は頑張りまっす!

 

試合前、太田監督による最終確認!!!

大会後、部員による記念写真!!!

卒業生送別会!!
四年生の先輩方、本当に今までありがとうございました。社会人としての
御活躍を部員一同祈念致します!!